今日のセッション:体調不良の原因

 

フォローアップセッションに
お越しくださいました。

最近のことをお伺いし
セッション開始しました。

セッション

まず、数年前にあった出来事にフォーカスして行う課題セッションを行うことになりました。

ある出来事に対する感情が解放されていない状態、そして、そのことが経絡・チャクラなどにリンク。

全ての重荷を下ろし楽になることを自分自身に許可。これにて課題セッションは終了しました。

そして、フルセッションへとつづきます。

前述した「数年前の出来事」に関わってた人物からの不要なエネルギーの切り離しを行いました。

そしてそのほか全てのバランスをとってセッション全行程が終了しました。

 

セッションを終えて

フルセッションで出てきた他人からの不要なエネルギーは、クライアントさまが調子を整えたい部位にペチャっと付いていたイメージでした。

そのエネルギーを切り離すための準備として「数年前の出来事」にフォーカスしたセッションを行なったのでしょう。

着実に一歩ずつセッションを進めた、という印象でした。

人が何かの原因を探るとき過去の記憶をたどっていきます。

例えば、胃が痛い時

さっきの食事が多かったかな?」
昨日の夜の卵が悪かったかな?」
ここ最近飲み会続いてるからかな?」

と、イロイロと思いを巡らせます。

その直前の記憶から考えた予測が当たってるかもしれません。でも、もっともっと前の事かもしれません。

今回のセッションでは
遥か数年前のことが「本当の原因」でした。

そんな昔のことを予測することは不可能でしょう。

後日クライアントさまに伺いすると
気になってた部分の調子が整ってきたそうです。

思考ではなく、カラダに聴く。

ボディートークって本当に
興味深いテクニックです。

 

※ボディートークは、診断・治療などの医療行為ではありません。