店主さんぽ@霞ヶ関

いつか行ってみたいと
以前から興味があった場所に
先日行ってきました。

[やりたいことー8]裁判の傍聴

あまり足を踏み入れることがない場所
東京高等裁判所。

なかなか立派な建物でした。

傍聴が出来るというのは随分前から知っていたのですが、なかなか行くタイミングがなく。今回は偶然誘って頂き「大人の社会科見学」に参加してきました。

持ち物検査を行い、建物の中に入りました。その日に行われる裁判の内容がファイリングしてあり、それをみて選んで傍聴するという流れ。

裁判って、こんなにも毎日沢山行われているなんてびっくり。いくつか選んで実際に傍聴しました。

法廷をみるもの、被告人を生で見るのも、実際起きた事件の内容を耳にするのも全て初めてで衝撃を受けることが沢山ありました。

そして色々と考えさせられました。

 

色々な立場の人達

裁判が行われている空間には、様々な人がいます。

仕切りの向こう側には、裁判官・検事・弁護士、被害者・被告人。

仕切りのこちら側には、それぞれのご家族、そして、たまたま傍聴にきた人達。

全員同じ人間なのに、手錠と腰縄をつけている人が同じ空間にいる。

どんなドラマを見るよりも、どんな本を読むよりも、実際を目の当たりにし肌身で感じるというのはとても大切だと思いました。

帰ってからも、色々とずっと考えていました。

街中ウロウロ

 

裁判所の食堂は普通でした笑

お昼ごはんを食べた後、全くといって縁がない霞ヶ関もウロウロとしてみました。

みんな賢そうなお顔の方ばかりで・・・。

今後の日本をよろしくお願いします。笑