精油の消費期限

最近、
精油を購入される方が増えました。

ワンコインボトルだけでなく
箱入り10ml瓶もよく売れています。

ご購入いただいた皆様
ありがとうございます。

香りがいい空間って
それだけで癒されますよね。


そんな精油ですが
消費期限があるのをご存知ですか?

口にするものじゃないし
永遠に使えるとか思ってませんか?

精油、つまり、アロマは
開封とともに酸化が始まっています。

酸化=劣化です。

香りが変わるのはもちろん
肌につけると荒れたり痒みが出たり。
いいことは何もありません。

じゃ、いつまでに消費すればいいの?

3ヶ月から1年が目安と言われています。
期間に幅があるのは
それぞれの精油によって異なるから。

グレープフルーツ、オレンジ、レモンなどの柑橘系は酸化のスピードが早く3ヶ月程度で使い切るのが理想です。

プラナロム箱入り10ml瓶で購入された方は、一緒に入っている成分表の下に精油別に消費期限が書いてありますのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

そして、これは店主個人的な感想です。

メーカー/ブランドによっても香りの変化(酸化)のスピードが違うとかんじました。

A社、B社、プラナロム社と3つ会社の「グレープフルーツ」を同時に開けて香りの変化を比較してみました。

A社、B社は2ヶ月目で香りが変わりました。しかし、プラナロム社は香りに変化がありませんでした。

↑  店主が個人的に行った実験の個人的な感想です。

だから、プラナロムに信頼を置いています。
高いだけありますね。

もし、部屋の中で埃まみれの精油が出てきたらきっと数年は経ってるはず!すぐに捨てちゃいましょう。

安全に、安心して香りのある生活を楽しんでいただくためにぜひぜひ気にかけてみてくださいね。