CBPになるまで⑧

大学時代は、スポーツ漬けの毎日でした。講義で動き、部活で走り、バイトで泳ぐ。改めて文字にしたらとってもハードな生活ですね(笑)ハードでしたが楽しい日々でした。

部活は、陸上部。今の大学では当たり前だとおもいますが、当時ではまだなかなかいなかった「治療ができる専属トレーナー」が在籍していました。もちろん学生です。ダブルスクールで、鍼灸の資格を取得し活動されていました。

まさに、私がなりたい職業「医療からのサポートもできるスポーツトレーナー」を目の当たりにしたのです。

ものすごく勉強されていました。何を聞いても知っている、とても信頼できるトレーナーさん。そんなトレーナーさんになりたいなと当時強く思ったのを覚えています。

その陸上部は2年生で辞め、その後はバスケサークルに所属。そこから時間ができ、名古屋のスポーツクラブでトレーナーの勉強をさせて頂くようになりました。

⑧につづく

============

大学時代は1人暮らしをしていました。初めての1人暮らし、めちゃめちゃ自由を桜花しました。ただ、それまでしてこなかった痛い社会経験も色々としました。

新聞屋に騙される(←気がついてすぐ交渉、全額取り返す)
のぞきにあう(←即警察連絡、犯人つかまる)
自転車盗まれる(←自分で見つけて取り返す)
バイク盗まれる(←これだけ取られたまま!!くやしーー)

女子大、スポーツ系、ということもあり、結構たくましく生きてきました。高校生までの神経質な性格からガラッと変わったのがこの大学時代だった気がします。。。