CBPになるまで⑫

本社業務に慣れてきたころ
業務がさらに増え
抱えきれないくらいの仕事量に
膨れ上がっていました。

そして
スタッフ同士の人間関係問題も勃発。

PC開ければ未開封のメールが山盛り。
携帯には鬼のような留守電の数。

人生で一番悩みが多い時期だったと思います。

四六時中ずっと仕事関係の事で頭がいっぱいでした。

そんな時となりの部署の部長から
こんなことを言われました。

「体調大丈夫か?」

実は、体調も最悪でした。

微熱がずっと続いてたのにも関わらず
休むことに対してネガティブだっため
一度も休むことなく仕事を続けていました。

 

病院に行くことを勧められましたが
何となく乗り気じゃなかった私。

それならば
他部署に面白い施術をしてる
スタッフがいるから受けてみたら?

と、言われ
ちょっと受けてみることにしました。

それが、ボディートークだったのです。