今日のセッション「気持ちの安定」

不安

いつもは平常心を保てるのに
相手のリアクションに一喜一憂してしまい
気持ちの上下が激しい。落ち着かせたい。

というクライアント様がお越しになりました。

何度もお越し頂いているクライアント様なので
「いつも」の様子ではないことは伝わってきました。

色々とお話しをお伺いしセッションスタート。

毎年この時期に起こった過去の様々な出来事によって
(良くも悪くも)学習したことがご自分を制限。

そして、それらから生じた不安が
身体の不調につながっていました。

それぞれのコミュニケーションを回復し
セッション終了しました。

新しい生活が始まる春。
新しい学校、職場、人間関係。

不安というのは誰しも感じるもの。

その不安が「今」ではなく過去の積み重ねから
来る思考・感情だったら?

今を生きるためにも手放したいものですね。

皆様のお越しをお待ちしております。

今日のセッション「倦怠感・めまい・痛み」

pixta_8716209_S

倦怠感、めまい、関節の痛みが続き
なかなか活動的にならない。

自分のやりたいことに挑戦し
毎日を楽しく過ごしたい。

というクライアント様がお越しになりました。

色々とお話しをお伺いしセッションスタート。

「自分は不健康で活動できない」という
信念システム(=考えの基盤になっているもの)が自分の行動を制限。

また様々な出来事によってご自分を失い、身体の巡りにも影響を及ぼしていました。

そのほかバランスをとってセッション終了。

心当たりあることばかりだったそうでこれからの変化を楽しみにお帰りになりました。

ご自分の考えが自らをがんじがらめにし身動きが取れなくなることがあります。

「自分は不健康だ」

「自分は不幸だ」

「自分は何もできない」 など

自分を認め、
自分の可能性を信じることって重要です。

そのお手伝いが出来た今回のセッション。

クライアント様がご自分のやりたいことを行い
笑顔で毎日をお過ごしになれるよう願ってます。

またのお越しをお待ちしております。

りらっくするーむsora

横浜市保土ヶ谷区仏向町92
相鉄線「和田町駅」徒歩4分

予約サイトお問合せfacebook

友だち追加数

今月お誕生日の皆様へ
期間限定メニュー
イベントのお知らせ

次へのステップアップ

stepup
役職がつき多忙な毎日を過ごして充実感があるもののどこか不安もよぎってしまう。

忙しいがプライベートも今よりさらに充実させたい。

というクライアント様がお越しになりました。

色々とお話しをお伺いしてセッションスタート。

恐れの感情が歩みを止めてしまい
なかなか活動的になれなくなっていました。

クライアントさまが主導で様々なことを
スタートさせる、そして、そこへの不安材料を取り除きました。

この全ての変化を「受け入れる」
というのでセッション終了。

今回のセッションで興味深かったのは
全くお話頂いていなかった内容が出てきたこと。

そして、それがセッションを受けに来られた
本当の理由だったということです。

隠そうとしても身体は正直に教えてくれます(笑)

ボディートークはカウンセリングではありません。

施術士に伝えにくいこと、言いたくない事
心にしまったままでセッション可能です。

安心してお越しください。

皆様のお越しをお待ちしております。

今月もありがとうございました

今月も沢山の方にお越し頂きました。
ありがとうございました。

そして、6回目となる島根での
セッションイベントも開催しました。

ご参加頂きました皆様
ありがとうございました。

3月はいつも以上にボディートークをご利用された方が多い月となりました。

みなさんそれぞれの「節目」に
お越し頂いたように感じました。

顕在意識(思考)ではなく
潜在意識でどのように感じているか
知りたい

自分ではなかなか解決できない
ストレスから解放されたい

過去のことを清算して
新しい生活をスタートさせたい

身体の不調を整えたい

精神的に強くなりたい

などなど、
様々な理由でボディートークを
お選び頂きました。

少しずつセッションについては書き記していきたいと思います。

3月はボディートークの創始者
ジョン・ヴェルトハイムが来日。

ワークショップを受けてきました。

海外でのボディートーク活用例や
ジョンが行ったセッション例なども聞き
ボディートークのさらなる可能性を
かんじることができました。

ボディートークは「身体本来の機能である自然治癒力を回復させる」テクニックです。本来の身体を取り戻したい方にオススメです。

4月も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

想いが重い

ボディートークを受けるようになって
順調な毎日が過ごせている
さらに向上していきたい

というクライアントさまに
お越し頂きました。

定期健診のように
ご自分で決めたペースで
定期的にセッションに
お越し頂いています。

最近のお話をお伺いし
セッションスタート。

ある異性の方がクライアントさまのことを
すごくすごく想っていました。

そのことが重荷となり
言いたいことも言えず、呼吸も浅くなってしまう
ということに繋がっていました。

その他いくつかのリンクの
コミュニケーションを整えてセッション終了。

クライアントさまの呼吸が
とても楽になったのが見てわかりました。

最初に出てきた「異性」というのは
全く話にも出てこなかった相手でした。

しかし、クライアントさまは
ばっちり心当たりがあったそうです。

自分以外の誰かを想う気持ちは
時に支配的になります。

「あなたのことが心配なの」

→こんなにも心配してるのに
なぜ分かってくれないの?

文章にしたらこんなイメージでしょうか。

とくに、
家族、親しい間柄で起きやすくなります。

気になった方、
一度セッション受けてみませんか?

毎日がもっと軽やかに過ごせるかも
しれませんよ。

皆様のお越しをお待ちしております。