セッションを定期的・継続的に受けること

 

定期的にお越し頂いているクライアントさまのセッションを行いました。

最初受けてくださったのは数年前。当店がスタートしたころからのお付き合いです。

セッション初期のころ

数年前、初めてセッションに来られた時「体調を整えたい」というのが一番のご希望でした。当時の体調は、慢性的な疲労感、頭痛などかなり不調をお持ちで、毎日の生活に疲労困憊状態のご様子でした。必要に応じて医療機関に通われたりと、体調管理には人一倍気を付けていらっしゃいました。

毎回セッション後の様子をお伺いするのですが、当時、クライアントさまご自身が実感される変化がなかなかありませんでした。それでも、フォローアップのタイミングにセッションを受け続けてくださいました。

 

「自分に対して許可を出す」

このブログでも何度かご紹介済みの「許可」という項目がボディートークにはあります。自分が自分自身に対して「いいよ」と許可をだす、なんとも摩訶不思議なかんじに聞こえますがよく出てきます。

あるとき、このクライアントさまのセッションでも「許可」が出てきました。簡単にいうと「ステップアップするための許可」のような内容でした。今までの自分から卒業し、なりたい自分に向かって進んでいく。まさに、このクライアントさまが希望されている内容に近いものでした。

しかし、そのセッション後もクライアントさまご自身が実感できる変化はありませんでした。

 

2度目の許可

今回の定期セッションでまた「許可」が出ました。カラダの不調を整えることに対する許可でした。クライアントさまは、当初から変わらず体調を整えることを第一に希望されています。

なのに、なぜこのタイミングで許可??

今まで不健康・不調が当たり前、体調不良が普通であって、それがベースの体調なんです。少し体調が回復した時でも周りにそれが伝わらないようにしています。

クライアントさまは、「自分は不調である」ということが当たり前、体調が回復した・体調が整った時は「良い状態」であり、また「普通の体調(=不調)」に戻る、と思われていました。

そして、さらにお話しをお伺いすると体調不良があるから今の環境がキープできている。自分にとって今が好都合だから今の環境を維持したい、というのがあったようです。

今回のセッションの最初に出てきたのが「自分の感情など変動を見抜かれることへの恐れ」。つまり、自分の変化が周りに見抜かれてないかという思いが恐れとして出ていました。ご本人は最初心当たりなかったようですが、「許可」の内容が出てきて納得されていました。

元気になっていいんです!

今回のセッション後、クライアントさまの表情が明るく・柔らかくなっていらっしゃいました。そして、前回に引き続き「これからチャレンジしたいこと」についてお話してくださいました。数年前では考えられないことです!とてもうれしかったです。

その「チャレンジしたいこと」は体調不良ではなかなか実現できません。カラダはその夢に向かって準備が整ったからこそ「許可」を出してくれたのでしょうね。1日も早く夢が実現しますように。。

 

フォローアップセッションの大切さ

フォローアップ(次回いつ受けたらいいか)の時期も、カラダに確認します。そのフォローアップ時期にセッションを受けるかどうかはクライアントさまにお任せしております。

もし、そのタイミングで受けたくないと思えば受けなくてもいいし、もっと早い時期に受けるのもアリです。

セッションを先延ばしにせず、フォローアップのタイミング、もしくは、その前の時期にセッションを受けに来られている方は着実に変化をされているように思います。

今回のクライアントさまは、クライアントさまご自身が実感できる変化というのはなかったとのことですが、セッションをさせて頂いている私はある時から大きな変化を感じていました。自分の事は、案外わからないものです。そして「ご自分の変化」を受け入れることもまた大変なことなのかもしれません。

カラダの声に沿って継続的にセッションを受ける。それこそが、ボディートークの効果をもっと実感できる簡単な方法だと、改めて思いました。