不要なエネルギーの切り離し

 

最近、ツイてないと感じることが多い・・・

というクライアントさまがお越しになりました。

来年のためにも厄落としの気持ちも込めて

ボディートークを受けようとご予約されたそうです。

セッション

このセッションを行った日は、気温も高くそこまで寒さを感じないお天気でした。クライアントさまがお越しになった時、とくに寒さは感じていらっしゃいませんでした。

簡単にお話をお伺いし、セッションスタート。

不要なエネルギーが身体のある部分に付着。足、胸腺、そして内臓にリンクしていました。

次に、集団に対するセッションを行い、その他全てのバランスを整えセッション終了。

今回は盛りだくさんの内容で、気が付けば2時間近く経過していました。

 

「急に身体の一部で寒気を感じた」

セッション終了後にお話ししてくださったのですが、セッション中、カラダの大きな変化を感じたそうです。

(セッション中だったから言わなかったけど)開始直後、急に寒気を感じ、その後、今度は体温が上昇した。こんなのは初めてで驚いた。

お話から想像すると、筋-神経バイオフィードバックで(私が)リンクを確認しているときに寒気を感じ、その後、タップを行ったタイミングで温まったようでした。

内容的に「不要なエネルギー」の部分。もしかすると、不要なエネルギーが身体から「離れたくない」という意思表示だったのかもしれません。タップでその頑固なエネルギーを切り離すことで、カラダが本来の状態に戻ったのでしょう。

冷えの「本当の原因」がこれで1つ消えました。カラダはよく知ってますね。

 

セッション後

最近、何をしても温まらないと思った矢先の今日の寒気。それがお帰りになる時には、ポカポカを感じていらっしゃいました。

また後日様子をお伺いしてみようと思います。

 

冷えで辛い思いをされている方、ボディートーク一度試してみる価値ありそうですよ。

お待ちしています!

※ボディートークは医療行為ではありません。