店主のツブやき

店主のダイエット日記19~薬膳の考えを取り入れてみる~

昨日受けたセミナー内で、薬膳について少しだけ学びました。

参考スポーツアロマコンディショニング研修会に参加しました。

今日は午前中少しだけ営業して午後からオンラインでスポーツアロマコンディショニング研修会に参加していま ...

続きを見る

難しいと思っていた「薬膳」。

実は身近な存在だとわかりちょっと取り入れてみることにしました。

本格的に体質を判断することはできませんので、今回は「季節」を判断材料にすることにしました。

ここでいう季節は日本の「四季」ではなく、陰陽五行でいう「季節」になります。

風・暑・湿・燥・寒

この季節のどれが苦手かで体質を判断します。

例)クーラーが苦手な人の体質=「寒」

そして 補う食材を選びます。

例)内側から温める食材を補う=にら、エビ、鮭 など

で、これを食事に取り入れていきます。

簡単そうですよね。

体質はその時々で変わるので、考えなくても良いもっともっと簡単で気軽な方法があります。

ポイントは2つです。

知ってる食材を一定期間で全部食べる

知ってる食材、もしくは、スーパーで売ってる食材を片っ端から食べていく方法です。

一定期間(数週間・数か月)でそれらを全部口にすれば体質を考えなくても不足しているものは補えます。

一定期間は無理なく生活リズムに取り込めるようにしたほうが続きます。もしくは、薬膳(中医学)だから 二十四節気 に合わせるのも粋な感じがしますね。

同じものは使わない、次、変える

例えば、油。

今皆さんご自宅にどの種類の油がありますか?

今、店主`s キッチンには「ごま油」「菜種油」「オリーブオイル」があります。

これらの油がなくなってスーパーに新しい油を買いに行ったら 違う油を買う ということです。

こめ油、ココナッツオイル、えごま油など。

お客様
でも、ごま油は必須なんだけどなー

であれば、産地を変えてみるとか別のメーカーを選ぶだけでもOK。
とにかく前回とは別のものを選んでみましょう。

 

この2つがポイントです。

このくらい砕けた方法であればまずは始められそうですよね。

気軽なルールにしてちょこっと意識してみる、そして、徐々に薬膳の考え方を取り込んでいく。

というくらい軽くやってみます。
今日の夕ごはんは何にしようかなー。。

+10

    -店主のツブやき
    -

    © 2021 りらっくするーむ sora