横浜・相鉄線「和田町駅」徒歩4分にある小さなサロン

りらっくするーむ sora

【第1章】健康について

 

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. 

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいう。

出典:https://www.japan-who.or.jp/commodity/kenko.html

 

このように WHO(世界保健機構)が健康について明文化しています。「弱っている・病気でない」ではなく、「肉体的・精神的・社会的に満たされた状態である=健康」なのです。

主観では「健康である」と判断してる方でも、他のある人からみれば「健康ではない」と判断される場合もあるでしょう。判断する人(基準)によって評価は変わる可能性があります。

まずは自己評価で「健康です!」と胸を張って言えるように自分の今を見直すことから始めてみましょう。

健康に大切な3つのこと。

  • 栄養
  • 運動
  • 休養

 

健康を管理するために大切な3大カテゴリーとして「栄養・運動・休養」が挙げられます。どれもバランスよく取組むことがとても大切です。

チェックしてみよう

  • 暴飲・暴食はしていませんか?
  • 定期的な運動はしていますか?
  • 十分な睡眠はとれていますか?

 

栄養(食べること)に関してはこんなアメリカのことわざがあります。

 

We are what eat

私たちは食べたもので出来ている

 

身体に良い食べ物・悪い食べ物など摂取したもの全ての食べ物が今のあなたの身体を作っています。もし、その食品が有害な農薬・有害な添加物・有害な物質が入ってたとしたら。今すぐ排除したほうが良いでしょう。

 

様々な健康情報の錯乱

ネット検索で「健康」と打ち込めば無数の情報が表示されます。最近テレビでも1週間のうちに何回も健康に関する番組が放送されています。それだけ皆さんの関心が高いということでしょう。昔から「○○がいい!」とテレビで放送されれば街中から商品が消えてしまったり。メディアは凄まじい力を持っています。紹介されている全ての情報を取り入れたらきっと健康のために1日が終わってしまうことでしょう。

過去推奨されていたことが変更になってることもあります。例えば「1日30品目食べること」。これ、なんとなく聞いたことがある方が多いと思います。実は現在、厚生労働省の指針から削除されています。つまり、1日30品目食べることは今では推奨されていません。常識は時代とともに変化していく可能性もあることを認識しましょう。

沢山の情報の中から

①自分にとって必要な情報を選択する
②鮮度のよい情報をキャッチする

情報が沢山得られる現代だからこそ、この2つはとても大切になってきます。しっかりとご自身の目で判断しましょう。

 

第1章の復習ポイント

○ 健康の定義を確認しましょう

○ 健康管理3大カテゴリーを確認しましょう

○ 健康情報を選ぶ時のポイントを確認しましょう 

 

 

【第2章】ファスティングとは

 

ファスティングの目的

もう10年近く前、ファスティングが大ブームになったことがありました。その頃は「ファスティング=ダイエット」と思ってる方も多く、本来の目的が十分に周知されていませんでした。実はファスティングは体重を落とす事が目的ではありません

 

「身体をリセットする」 

 

それが本来の目的です。

消化と代謝について

 

 

食べたものは口で噛み砕かれた後、食道を通って胃で消化分解され、小腸や大腸で栄養を吸収し、不要なモノは便として体外へ排泄されます。これがザックリとした消化の流れです。私たちは生まれてから今日まで毎日この作業を毎日毎日行っています。

そして取り込まれた栄養は身体の必要な場所に運ばれ使われます。

例えば、怪我をしたところは材料(栄養)を使って修復作業をしてくれます。肌をキレイにしたい場合も、必要な栄養素があれば生まれ変わり修復されます。これらのカラダの活動のことを「代謝」と言います。

ちなみに、基礎代謝が測れる体重計があります。あの基礎代謝は「横臥位(横に寝る)で24時間過ごした場合の消費エネルギー」の数値です。なので、起き上がるという動作だけで、基礎代謝以上のカロリーを必ず消費しているということです。

 

ココで質問です

消化と代謝、カラダはどのくらいの割合でエネルギーを使っているでしょうか??

 

正解は・・・

 

消化活動:70%

代謝活動:30%

 

代謝活動は、たった30%しかエネルギーを掛けられていません。

 

食事が多い場合、さらに消化にエネルギーを掛けてしまい、代謝活動にエネルギーが回らなくなります。つまり、上手く代謝活動ができない状態になってしまいます。

食事(固形物)を摂取することを摂取しないファスティングを行うことでその消化にかけていたエネルギーをできるだけ代謝活動に回すことで身体をリセットし蘇らせていきます。

これがファスティング本来の目的です

 

 

第2章の復習ポイント

○ ファスティング本来の目的を十分に確認・理解しましょう

【第3章 】ファスティング実施方法

基本的な実施方法を説明します。

ファスティング実施日数

 

1)半日ファスティング

内臓の休息

半日以上、固形物が胃に入らないことにより消化活動を休ませます。

2)1日ファスティング

内臓の休息・代謝アップ

約1日半、固形物が胃に入らないことにより消化活動を休ませます。

3)3日ファスティング

体内リセット・ダイエット

3日間、固形物が胃に入らないことにより、内臓の完全な休息ができます。

ご自身の目的に合わせた種類(日数)を選びましょう。また、外出や食事の予定など日常生活の行動も考慮しつつ計画立てるとストレスなく実施できます。

 

準備期・ファスティング期・復食期

「固形物を食べない」だけのファスティングは失敗する確率が高くリバウンドする可能性もあります。しっかりとこの3つの期間を過ごすことが成功の秘訣です。

準備期

その名の通り、ファスティングする準備をする期間です。スポーツで言えばウォーミングアップのようなもの。準備期が中途半端であれば本番で大怪我(失敗)します。ファスティングする日数と同じ日数が目安となります。

3日間ファスティングを行う場合、3日間以上の準備期が必要です。

準備期に行うこと

1.水を2L飲む
2.まごはやさしいわ を食べる
3.湯船に浸かる
4.20時までに食べ終わる
5.腹7分目
6.セルフケアをする

 

この6項目を行いましょう。毎日の生活の中で既にクリアされている方は基本的にすぐファスティングを行っても身体的には良いかもしれません。逆にクリアできていない場合は準備期の期間を長くすることをお勧めします。それだけ十分に準備期を確保したほうが成功率が飛躍的に上がります。

 

ファスティング期

実際に水とファスティングドリンクのみで過ごす期間となります。

ファスティング期に行うこと

1.1日2Lを目安に水を飲みましょう。
2.ドリンクを摂取しましょう。
3.タバコ、サプリメントはやめましょう
4.料理の味見も控えましょう
5.湯船に浸かりましょう
6.0時までに寝ましょう
7.セルフケアをしましょう

 

・体調が悪くなればすぐに中止してください。
・大量に汗をかくサウナ等は控えてください。
・通院中の方は実施前に医師に必ずご相談ください。

 

ファスティング期に入ってすぐには体重は落ちません。焦らずゆったりとした気持ちでお過ごしましょう。

 

復食期

徐々に通常の食事へ戻していく期間です。復食期の過ごし方がとても大切になります。ファスティングする日数と同じ日数が目安となります。

ファスティングを3日間行った場合、3日間の復食期が必要です。

復食期に行うこと

【1日目 】
朝、重湯を摂取。昼・夜は白米のお粥
【2日目】
お粥+和食おかず。全体量を少しずつ増やす

【3日目】
最終の夕食が通常食になるように調整

・準備期に行う6項目も意識しましょう
・動物性タンパク質は避けましょう
・出来るだけ天然の食材を使用しましょう
・時間をかけてゆっくり食事をしましょう
・20時までに食べ終わりましょう。

 

第3章の復習ポイント

○ ファスティングの目的を十分に理解しましょう。
○ ご自身の目的に合った期間を選びましょう
○ それぞれ期、行うこと・注意点を理解しましょう

 

実施計画を立案する

目的に合わせたファスティング日数が決まれば実施計画を立てます。それぞれの必要日数の目安は以下の通りです。

・ 半日ファスティング   半日
・ 1日ファスティング     前日夜+1日
・3日間ファスティング  9日間

食事予定などのスケジュールを考慮して無理のない範囲で決めましょう。また女性の方は生理予定も考慮した計画を立てるとより良いです。

 

実施する

ご自身の体調をしっかり観察しつつ実施しましょう。もし、体調が悪くなったら中止して医師に診ていただきましょう。

また、何らかの理由でファスティング期を途中中止する場合、必ず実施した日数の復食期を確保して食事を元に戻すようにしてください。

そのほか無理のないよう体調には十分にお気をつけください。

 

【第4章】さいごに

ファスティングドリンクについて

安全にファスティングをするため固形物を摂取しない「ファスティング期」はドリンクを使用します。

BIO Berry Fast
3日間ファスティングの場合

・男性3本
・女性2本

必要となります。

このドリンクは空腹を感じることが少ないので快適に過ごすことができますのでお勧めです。

チャレンジを検討されている皆様へ

今回の内容は基本的な大枠の内容になります。実際にチャレンジされる場合はご自身の体調等十分考慮して行ってください。

常備薬をお持ちの方、通院中の方は、必ず担当医の方にご相談の上実施されるようにお願いいたします。

当店でファスティングドリンク『BIO Berry Fast』をご購入された方には個別サポート・アドバイスさせて頂きます。お気軽にご相談ください。


全ては自己責任で実施ください。
当店は一切の責任は負いません。
治療・診断行為ではございません。

 

error: Content is protected !!

Copyright© りらっくするーむ sora , 2019 All Rights Reserved.