緩和ケアセミナー

昨日はお休みを頂いて
セミナーを受けに行ってきました。

医療現場でリフレクソロジーが
取り入れられています。

緩和ケアとは….

生命を脅かす問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチャルな問題を早期に固定し、適切な評価と治療によって、苦痛の予防と緩和を行うことで、QOL(生活の質)を改善するアプローチである(2002 WHOより)

 

簡単にいうと、患者様と
そのご家族に対して行うケアのこと。

治療やリハビリでは補完できない
「癒し」を担当するようなイメージです。

店主が学んだスクールでは
主治医、看護士さんなどの
医療従事者とともに
専門チームの一員として
がん患者様の緩和ケアを行っています。

もちろんリフレクソロジーは
治療ではありませんので
主治医の指示のもと行う活動です。

様々な症例をみました。

苦痛を伴う治療や
辛いリハビリとは違い

優しくて、心地よい
英国式リフレクソロジー。

詳しくは書けませんが
心だけなく身体にも
良い変化が出ていました。

西洋医学だけでなく
このようなテクニックの
必要性を改めて感じました。

今回は積極的な参加ではなく
資格更新のために申込みました。

けど、参加して
本当によかったと思いました。

 

ところで
何の資格更新かといいますと・・

リフレクソロジー・プロライセンス実技士

正式名称がわからず
今一度確認しました(笑)

日頃、資格なんて
関係ないですから
忘れちゃいます。。

 

足裏グイグイ系も
気持ち良いですが

優しいタッチの
英国式リフレクロソジーも
ぜひお試しくださいね♪