【Bodytalk for animal】 柴犬(犬)

柴犬ちゃんのセッションをさせて頂きました。

セッションを受けようと思った理由

夜中になると、それまで寝ていたのに急に起きて外に行きたがる時が続いていた。トイレかと思ったら違うし、夜中にウロウロすることも。年齢的なものかもしれない・・。

朝晩いつものお散歩に行っても夜中に外へ行きたがる柴犬ちゃん。

心配されている飼い主さまからセッションのご依頼を頂きました。

セッション

セッション内容

BodyTalk for animal は 動物たちのセッションですが、飼い主さまの内容が出てくることがあります。今回はご家族全体にも関係する内容が出てきました。

ご家族全体にある(漠然とした)「イライラ」「恐れ」が、柴犬ちゃんの生活リズム・睡眠に影響していました。そして柴犬ちゃん自身も「(ご家族に対して)心配でしかたない!」という気持ちでいっぱいになっていました。「イライラ」「恐れ」「心配・不安」を全て解放、バランスを整えました。

続いて、恐怖体験により呼吸に関するある部分がアンバランスになっていました。その調整をすることで、頭部全体の血の巡りも整うとのこと。

その他出てきた内容を整えセッションを終了しました。

セッション中の様子

今回はzoomをつながずセッションを実施しました。そのため、セッション中の様子は飼い主様に観察していただきました。

つながずにセッションする場合、開始時に「セッションしますよー」と飼い主さまにメールでお伝えしています。

今回の柴犬ちゃんは、その連絡のちょっと前から、凛とした姿勢で開始を待っていてくれたそうです。飼い主さまは「?」と思われていたそうですが、セッション開始の連絡がきたときに「なるほど」と納得されたそうです。

動物は変化を感じるとこのようなサインを出します。これらの行動・しぐさはセッションの一部。 そのため画面越しに観察しながらセッションをしています。

 

飼い主さまからのコメント

セッション1週間後にご連絡を頂きました。

セッション中もガブガブと水を飲んでいたのに終わって15分後もがぶ飲み。夜早くから爆睡。若干持病の症状が出てきたが、ずっとベットの下で久しぶりに寝ていました。翌夜はまた外に行きたがっていましたが、割とあっさり諦めて寝ました。

この日からは私(飼い主さま)の体調不良が始まりました。柴犬ちゃんは『外に出せ!』ということこともありましたが、元気に過ごしています。

数日間、目まぐるしく記憶があいまいですが、私(飼い主さま)の体調は回復傾向です。夜になると(柴犬ちゃんが)外に行きたいといい、散歩は家族で行くと楽しいらしく遠出気味です笑 みんなで一緒に散歩するだけなのですが、いい週末になりました。

お忙しい中ご連絡ありがとうございました!

飼い主さまの体調はいかがでしょうか?セッション内容でご家族皆様の内容が出てきました。そのバランスを整える過程で出てきた「体調不良」だったのかもしれません。お大事になさってくださいね。

ご家族でのお散歩、時間帯的に大変だったかもしれませんが、皆さんで過ごすかけがえのない時間を柴犬ちゃんがプレゼントしてくれたのかもと感じました。「睡眠」に関してまだ変化途中の可能性もありますので観察を続けて頂くことをお勧めします。

フォローアップセッションをご予約頂きました。
そのタイミングでまたお話をお伺いしてみようと思います。