【カラーカウンセリング】30代ママのお悩み相談

7月から始まった「カラーカウンセリング」。

今月は期間限定メニューで『Accsess Bars(カラーカード付)』内でのみ実施しています。

脳を癒したいと思うときって、思考がフル稼働している・脳が疲れている時じゃないでしょうか。そんな時にも使って頂きたいのが「カラーカウンセリング」です。

先日、お友達にオンラインで受けもらいました。(現在、オンラインは受付していません)

まず最初に8枚のカラーカードを使って「思考パターン」の確認をします。

一旦自分のことを知ってもらってから続いて「お悩み相談室」に移りました。

上記8枚+4枚の合計12枚を使って行います。

お悩み相談室

お悩みごと

来春、子供が進学で離れるを考えると、すでに寂しくて寂しくて。笑顔で送りだせるようになりたい。

 

あと半年以上先のことなのに今から寂しがっていると、周りの友達から「自分に目を向けてればいいのよ」とか「もっと自分軸をしっかりもたなきゃ」など言われたそうです。

周りの意見を聞いて感じたのは「痛いところを突かれた!」ということ。つまり自覚があったようです。それから『しっかりしなきゃなー』と考え始め・・だんだんと悩みの渦に引きずりこまれたそうです。

 

そこまでお話をきいて、友達に直感でカードを選んでもらいました。

①現在(現在の状態)を表すカード

②未来(目指す状態)を表すカード

③どうしたらよいか(解決策)を表すカード

この3つのカテゴリーのカードを選んでもらい、カードからの『メッセージ』を伝えました。

未来を表すカードは、全て彼女が意識的に考えていたこととほぼ一致していました。

解決策も最初に診断した「思考パターン」で突き進めば十分到達できそうなメッセージでした。

 

あー、なんかホッとした。自分のことダメダメだって思ってたから。
楽になったならよかった♪
店主

気持ちが軽くなれば、そのお悩みの半分以上、解決したようなものじゃないでしょうか。『あとは行動あるのみ』。

答えは自分が持っている

 

選んでももらったカードは、店主が選んだわけでもなく・選ぶように仕向けたわけでもなく、その場で友達が直感で選んでもらったもの。

つまり、ご自分のお悩みの『解決策』まで自分自身で選び出しているということ。答えは自分が持っている・わかっている ということになります。

自分の心の声に従って、自分で解決策を見出していくので、きっと自信にもつながっていくと思いますよ。

(顕在意識で)考えてもわからない時、カラーカードを使って自分自身(潜在意識)に解決策を聞いてみませんか?