【Bodytalk for animal】 ネザーランドワーフ(うさぎ)

ネザーランドワーフくんのセッションをさせて頂きました。

セッションを受けようと思った理由

私が苦手だから寄ってこないのはわかっていますが、子供たちはとても可愛がっています。うちに引き取られてどんな気持ちなのか知りたい。今でも前の飼い主さんとは連絡を取っています。

その他、色々と必要な情報を頂きセッションを開始しました。

セッション①

セッション内容

このご家族にお迎えされるずっと前の出来事が出てきました。

生まれてすぐの環境の影響が好ましくなかったことで人間に対して抱いた警戒心と、(ネザーランドワーフくんの)親や兄弟姉妹とすぐに引き離された時の悲しみを解放しました。

依頼主さんの「苦手意識」もネザーランドワーフくんに伝わっていたので、それも切り離しました。

その他、出てきた内容のバランスをとりセッションを終了しました。

セッション中の様子

セッション前は元気よく動きまわっていたのですが、内容が出てくると口や鼻を動かしたり毛づくろいをしたりするようになりました。

動物のためのセッションでは飼い主さまに代理でタップを行って頂きます。

そのタップが終わるまでジーっと動かずタップが終わった瞬間に動き出すなど興味深い様子が伺えました。

リラックスできたのか、最終的には眠ってしまいました。

動物は変化を感じると様々なサインを出します。これらの行動・しぐさはセッションの一部となります。 それを画面越しに観察しながらセッションを行っています。

セッション後頂いたコメント

ごはんのときに、セッションのことみんなに伝えました。

あんたらもお父ちゃんお母ちゃんと離されて兄弟離れ離れになったらどうや?から始めました。みんな悲しい顔してね。「イヤや!悲しい!」と。実はそんな想いしたんや。だから人間のことも怖かったかも知れへんなって…。

だけど、りょーこさん(すみません。うちの子達≪りょーこさん≫って呼んでます)が人間を受け入れられるように魔法かけてくれたんやと伝えました。みんなほっとした顔でした。そして、いっぱい優しい言葉かけてあげたり、気持ち分かってあげよなと話しました。

私が恐がってるのも分かってることも伝えたら笑われました笑

でもね、この話をしてるあいだ…じーっっっとしてすんごい話を聞いているように見えました。食欲やトイレはそんなに変化はないですが、様子を見たいと思います。

お子さん達へ丁寧に伝えて頂いてありがとうございます。

ネザーランドワーフくんもしっかりじっくり耳を傾けてくれたのかなと思います。

そして、りょーこさんと呼んでくれてめちゃめちゃ嬉しいです!魔法をかけておきました笑

2回目まで様子を観察してみてくださいね。

セッション②

前回のセッション後のご様子

ネザーランドワーフくんはさらに家族の一員らしくなったそうです。依頼主の方の撫でる回数も増え、お掃除する時になど威嚇されることもあったそうですが随分と減ったとのことでした。

 

セッション内容

ネザーランドワーフくんの一番の飼い主であるお姉ちゃんは(ネザーランドワーフくんが)ボディートークセッションを受けることが怖かったようです。その感情があることでネザーランドワーフくんは「セッション受けてやってもいいけど、変化は受け取れないぴょん!」となっていました。お姉ちゃんの感情解放を行い、ネザーランドワーフくんがセッション内容を受け取れるようにバランスを取りました。

呼吸器系のバランスをとり、ヤンチャな弟くんへの恐怖心からくる不安感を解放しセッション終了しました。

フォローアップ(次回いつセッションを受けたら良いか)もネザーランドワーフくんの体に確認します。

フォローアップ:なし

つまり今回の内容に関して全てセッション完了した、ということになります。

ネザーランドワーフくんの様子を見てボディートークが必要なタイミングがきたとき、また受けていただければと思います。

セッションの様子

セッションを受けることを察知していたのか開始時間近くになるとソワソワしていたそうです。

セッションが開始し、一つ目の内容についてタップを行うと大人しくなりました。その後内容が出るたびにジッとして話を聞いている様子でした。

 

飼い主さまからのコメント

2回目のセッションが終わり改めて感想をいただきました。

1回目のセッションで生まれた直後親や兄弟と引き離されたことで人間に対しての恐怖心があるということがわかりました。

家族の中で一番私がランドのことを恐がってたので、その事を聞いてから、ランドの親もいっぱい撫でてやりたかったやろうし、ランドも撫でて欲しかったやろなぁと思うと、可哀想というより愛しく感じ、セッションを受けてからは撫でてやることが増えた気がします。

「あんたのお母さんやで。兄ちゃんらも、あんたの兄ちゃんや姉ちゃんやで」なんて言いながら…。

前まで掃除をするときも「何すんねん!」みたいにガッと跳んできて威嚇する感じでしたが、あれからは掃除してる様子をじーっと見てくれてます。

あと、息苦しさを感じてくる…みたいなことが出てきましたが、長女が好き過ぎてギューッと抱き締めて頭もグリグリーッとするからそれかな?と思い、長女に伝えると「わかった」と言ってましたが、可愛過ぎて好き過ぎてそれは変わらない感じで(笑)もうこれはランドに慣れてもらうしかないのかも。

長男は沢山生き物を飼っているので、ランドは敬意を持っていることを伝えたら喜んでいました。

次男は弟みたいな感覚で乱暴な遊び方(本人はそのつもりはないんだけど)をするので、敵対心を持っているそうで、それを伝えると、「えーだってランド可愛いんやもん!」となでなでしてました。

これも慣れてもらうしかないかな。

一番よくお世話をしている夫のことを聞くと…「無」と出ました。
思わず笑ってしまったけど、本人に伝えると「俺のこと大好きなことはわかっとうから無でもええわ。そやけどそんなことないはずやけどなー」と言ってました(笑)

一番肝心な私のことをどう思ってるか聞くの忘れてた。

セッションが始まる前は、やたらと興奮して行ったり来たり走り回ってましたが、セッションが始まり、少しするといつもの場所でリラックスしたり、途中寝てしまうこともありました。

りょーこさんは動物と会話するわけでもないし、なんか不思議な感覚でした。

だけど、セッションを受けたことで、飼い主としてランドと家族が向き合えた時間になったし、実際気持ちがわかり、こちらの気持ちも伝えることができて、接し方が変わったことは確かです。

飼っているカメですら毎日話しかけてると、近寄ってくるようになりました。

生き物も「心」があると、このセッションを受けて、より強く思うようになりました。

動物と飼い主の関係が良い人も、あまり良くない人も、このセッションを受けることで、動物に対しての見方が変わることはあると思います。

見方が変わると気持ちも変わるので、お互いにいい関係になるきっかけになると、私は思いました。

たくさんのコメントありがとうございます!

ご家族の皆さま1人1人へセッション内容をお伝えいただいたこと大変嬉しく思います。

セッションをお申し込み頂いた理由:私が苦手だから寄ってこないのはわかっていますが、子供たちはとても可愛がっています。うちに引き取られてどんな気持ちなのか知りたい。

ご家族皆さんへの気持ちが2回のセッションで色々と出てきました。お申し込み頂いた理由にお答えすることはできましたでしょうか?

お母様に対してはお掃除するときに「威嚇しなくなった」というのがセッションでの変化であり、ネザーランドワーフくんから発信される「今の想い」じゃないでしょうか。

ご主人に対して「無」というのは・・・愛情の裏返しということで笑

皆々様がこれからも仲良く楽しい毎日になりますよう願ってます。

飼われている動物は野生よりも人間との関係性がとても強くなります。そのため動物に対するセッションですがご家族の内容が頻繁に出てきます。

それだけ家族の一員であり、家族のことを想い、毎日を過ごしているのではないかと思います。

言葉が話せない動物たちの「(カラダの)声」を聞くボディートーク。

皆さまもいかがですか?

こちらもCHECK

【ボディートーク】今日のセッション:家族の理解

新しく学び始めたあるテクニック。 せっかくだから家族に受けてもらいたい! と練習に付き合ってもらった ...

続きを見る